自宅で野菜造り|農業資材は通販で購入可能

メンズ

間引きを考える

お花

花の飼育には水やりが重要ですが、野菜を育てるには水だけではなく肥料も必要になります。種を土に植え、プランターの土の栄養と水だけで育てようとした場合、十中八九作物は貧相なものになってしまい、失敗します。種が実をつけるためには大量の栄養が必要であり、プランターの土の栄養素だけではたりません。また、間引きも重要です。間引きとは、不要な枝葉を取り除くことです。なぜ間引きが必要かというと、不要な枝葉にまで栄養が行きわたってしまうと栄養不足になってしまうからです。そのため、間引きを行って不要な葉っぱを取り除きましょう。
例として人参の間引きをみてみましょう。間引きを行うタイミングとしては、種を巻いて発芽し、葉っぱが増え始めた時期です。他の苗と葉っぱがふれあうようになった時、不要な葉を取り除いていきます。抜く基準としては、整って一番成長しているものを残し、あとは弱々しいものから抜いていきましょう。種を植えてさらに月日が経つと、今度は苗そのものを間引きます。弱々しい物を間引き、その上に対比と土をプラスして他の健康な野菜に栄養を送りましょう。そうしていけば、残った野菜はすくすくと育ち、大きな作物として育ちます。なお、人参は種を植えた当初は弱々しく、どれを間引くべきなのかわかりにくいことが多いので、どうしてもわからない場合は園芸の経験者に質問したり、ネットで検索して調べるのも良いかもしれません。何度も家庭菜園をすることで経験が身につき、いずれは自分でわかるようになります。